スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

【給食で使われることの多い食品別、25年度放射性物質検査結果】 

25年度の厚労省【食品中の放射性物質の検査結果について】を元に、
給食に使われることの多い食品別で、いくつか検出された例を挙げていきます。

(*東北産の食品と、玉葱やトマトなど検出されていない食品は除く。)

ご参考になさって下さい。


【キャベツ】

栃木 キャベツ5.7Bq/kg(6/20) キャベツ2.4Bq/kg(5/16)

群馬 キャベツ 0.41Bq/kg(7/17)

(参考)群馬 キャベツ1.4Bq/kg
東都生協 2013.07.29 http://t.co/pRhGr1rVQk



【大根】

栃木 大根4.7Bq/kg(6/27)



【キュウリ】

栃木 キュウリ3.8Bq/kg(6/27)

埼玉 キュウリ2.9Bq/kg(5/7)キュウリ 3.7Bq/kg(3/14)



【サツマイモ】

茨城 サツマイモ1.2Bq/kg(8/1)サツマイモ3.7Bq/kg(5/28)
   サツマイモ8.3Bq/kg(4/2)サツマイモ4.6Bq/kg(3/11)

千葉 サツマイモ2.9Bq/kg(7/2)サツマイモ2.7Bq/kg(6/6)
   サツマイモ14Bq/kg(5/27)サツマイモ3.5Bq/kg(5/15)



【レンコン】

千葉 レンコン6.9Bq/kg(8/9)レンコン1Bq/kg(7/17)
   レンコン5.7Bq/kg(5/15)レンコン7Bq/kg(1/15)レンコン5.6Bq/kg(1/8)

茨城 レンコン27Bq/kg(5/7)レンコン33Bq/kg(4/30)
   レンコン9.1Bq/kg(4/17)レンコン6.3Bq/kg(4/12)レンコン4.4Bq/kg(3/18)



【豚肉】

千葉 豚肉1.8Bq/kg(1/4)



【人参】

千葉 人参1.1Bq/kg(5/27)

(参考)群馬 ニンジン3.5Bq/kg
2012年10月17日 放射性物質汚染に対する農産物(野菜等)の安全検査について
http://www.pref.gunma.jp/houdou/f1000181.html   


【カボチャ】

群馬 カボチャ6.7Bq/kg(7/24)

   

【メロン】

栃木 メロン2.6Bq/kg(8/15) メロン2.4Bq/kg(7/18)


【サクランボ】

山形 サクランボ0.84Bq/kg(7/3)サクランボ2.5Bq/kg(2012年)

栃木 サクランボ5.5Bq/kg(5/30)





厚労省【食品中の放射性物質の検査結果について】はこちら
http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/shokuhin.html


スポンサーサイト

[2013/08/20 03:21] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(0)

気をつけたい食品(平成25年度版) 

YCRMS測定員の部屋(横浜市民測定所の測定員のスタッフブログです)

気をつけたい食品(平成25年度版)

【必読です!】 http://ycrms.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

20130520174338fd4.jpg


新年度が始まり1ヶ月が経ちましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

上記資料を、渋谷区教育委員会及び学務課へお届けしてきます。
皆さまも各自プリントアウトして、栄養士さんなどへお渡ししましょう。

このようなデータを出して下さった市民測定所さんたちのおかげで
放射能対策の傾向が掴めてきていることと思います。
この場を借りて改めて感謝を申し上げます。

【おすすめ市民測定所一覧】

NPO法人 放射能測定フードベース23 http://foodbase23.org/

こどもみらい測定所 http://kodomira.com/
座間放射能測定室 http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei
日暮里放射能測定所-にっこり館- http://www.bq-check.jp/

新宿代々木測定所 http://www.sy-sokutei.info


日常で使用頻度の高いものや、継続的に摂取する食品、
頻度は低いものの一度に多量に摂取するものなどは
ぜひ、こういった市民測定所を利用して、測定し、
日々の安全と安心を、各家庭でも促進させましょう。




[2013/05/20 22:59] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(0)

測って安心食材・応援紹介 

header.jpg


image.jpg

土壌から測って安心の北海道旭川野中農場の 「 ななつぼし 」 の新米

北海道の農家と契約し、栽培地の土壌測定、収穫後の測定、他のお米とのブレンド一切無しの
現時点では出来る限り安心安全を目指したお米を、紹介させて頂きます。




継続的かつ摂取量の多い「お米」は、安全な物を選びたいですよね。
汚染はどんなルートから混ざってくるか分かりません。
より安心安全なものをと思ったら、産地選別だけではなく、計測をお奨めします。

この北海道旭川野中農場の 「 ななつぼし 」 の新米は、北海道の農家さんと契約し
栽培地の土壌測定、収穫後の測定、他のお米とのブレンド一切無し
現時点では出来る限り安心安全を目指したお米かと思います。




「事前の検査→購買、につながる消費者がいる」 という流れができなければ
生産者側も精密な検査をしようとはなかなか思えませんよね。

消費者側からも手軽さや価格などだけにとらわれない、
知識や選択基準を築いていくことが、これからの食の安全には不可欠かと思います。



安全な食べ物を作ろうと頑張っている生産者さんを応援していきたいと思います。
ぜひ皆さまもご検討下さい。

また、このプロジェクトでは今回販売分を売り切れた場合、以後継続することが可能となり、
福島などから北海道に避難移住した方々の雇用創出に役立てていけるそうです。


ご購入はこちらから↓↓


みんなの食べ物じゃん公式HP http://www.minnanotabemono.com/


カード決済用販売サイト http://p.tl/byI9-


[2012/11/04 21:22] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | コメント:(-)

フクシマの嘘 

福島原子力発電所事故。

もう終わったことのように感じている皆さん、ぜひ30分弱のこの動画をご覧下さい。


ドイツZDF 福島の嘘 Part1



ドイツZDF 福島の嘘 Part2





原発にもう1度なにかあった場合に備えて、いざという時はどうするか家族で考えておきませんか。


代表補佐・慶野

[2012/04/23 07:45] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(0)

これからのために 

こんにちは。

子どもたちを放射線による被曝から少しでもリスクを減らしたいと思い、
主に渋谷区への働きかけに重点をおいてきましたが、
最近は、当会への登録者も増えていて、
日常でどんなことに気を付けているか等を
個々にやりとりさせて頂いていることもあり、

そろそろまた、講演会を開いて、
みんなでお勉強出来たら良いかな、と考えています。

講演会開催にあたり、アンケートとらせて下さい。
どなたをお呼びしたいですか?


ご意見寄せていただけると、大変参考になります。
私が今考えているのは、
早川由紀夫先生、田中優さん、菅谷昭松本市長、などです。

お忙しい中恐縮ですが、どうぞよろしくお願いします。




☆私が日頃心掛けてよく食べるようにしているのは、
発酵食品(味噌や流行りの塩麹、アンチョビやぬか漬けなど)、
ペクチン(リンゴ、柑橘類、パプリカやグミにも)などです。
ビタミン、ミネラルをどんどん入れて、排出がんばりましょう〜!



代表・北村祥子



********************************************


【ペクチンを多く含む食品】
ビーツ、にんじん、パプリカ、ナス、かぼちゃ、りんご、レモン、
みかん、桃、ドライフルーツ、ブルーベリー、いちご、ペクチンで固めたグミ
(ハリボのグミとか。ベラルーシでもペクチンの入ったグミが広く食べられていました。)


【酵素を含む食品】
生の野菜・果物、味噌や納豆など発酵食品、はちみつ。
特にアルファルファやかいわれ菜などスプラウト類、
芽吹いたばかりの植物は生命力そのものなので酵素を豊富に含む。
ただし酵素は加熱で失われる。


ツイッター @kuminchuuさんより。



私もこれに加え、バナナ、昆布、梅なんかを食べるようにしています。


逆に、キノコは食べないようにしています。栄養素的にもあまり問題ないし。
気になる物は測定結果を参考に選ぶといいと思います。
汚染が不安な食材を食べるときは茹でこぼして、茹でたお水は捨てるとか。

あとは、早寝早起きなど、規則正しい生活で、免疫力UPを日頃から心がけましょう!



オススメの動画をご紹介します。

早川由紀夫先生の「小学校4年生にも分かる放射能の話」



書きおこしはこちら。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1450.html

分かりやすい資料(PDF)はこちら。
http://t.co/9FaFRTSm

ぜひ、大人のかたも。必見です。




オススメの本もご紹介します。

武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる
AA300.jpg


日々の暮らしや、調理の中でできる放射能対策を
漫画などでかわいく、分かりやすく書いてあります。



代表補佐・慶野
[2012/02/12 02:55] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(1)

放射能を知ろう!オススメ情報【10】 

1960年代から最近までの日本全国における日常食中のCs-137の濃度
(一日一人あたり何ベクレル食べていたか)
原爆の大気圏実験などで汚染されていた時期ですら、5ベクレル以下。
事故前は平均1ベクレル以下!
493742371.jpg


朝日新聞の記事↓
家庭で1日の食事に含まれる放射性セシウムの量について、
福島、関東、西日本の53家族を調べた結果、35家族の食事からセシウムが検出された。
http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY201201180799.html
TKY201201180807.jpg






ふたつの表を合わせてみると……

53家族中10家族が、今までよりも汚染されているのが分かります。
東北や関東の5分の1程度の家庭が、今までにない程の汚染にさらされているとしたら
大変なことなのではないでしょうか。

サンプル数も少ないですし、どのような内容の食事かも分からないので
あまり意味のない比較かもしれませんが、怖いですね。(↓目測なので正確ではありません。)
aasaのコピー

他区での給食検査の結果、給食からもかなりの放射性物質が検出されています。
参考にしてください。
http://savechild.net/archives/13021.html 武蔵野市)
http://savechild.net/archives/14469.html 文京区)
http://savechild.net/archives/14101.html 世田谷区)

(千代田区 給食の牛乳から17.9ベクレル
http://www.city.chiyoda.lg.jp/service/00134/d0013414.html
(宮城 給食の牛乳から25ベクレル 
http://ceron.jp/url/savechild.net/archives/10971.html


************************************



東京にある日仏学校の給食のメニュー。
http://t.co/07yahyYg


メニュー上の赤字部分の訳
「以下の県で作られた食材を一切使用していません
青森、秋田、岩手、山形、宮城、群馬、新潟、福島、栃木、
茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡」



[2012/01/28 14:30] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(0)

放射能を知ろう!オススメ情報【9】 

東京湾 知られざる放射能汚染~海からの緊急報告



5-5 東京湾_知られざる放射能汚染~海からの緊急報告 投稿者 gomizeromirai





低線量被ばく ICRPが「政治的な判断」でリスクを減らす


低線量被ばく_ICRPが「政治的な判断」でリスクを減... 投稿者 gomizeromirai

そのICRPですら、毎日10ベクレル/dayの摂取を100日間続けると
子ども(体重30kg)は心臓に不整脈がでると言っています。



他区での給食検査の結果、給食からもかなりの放射性物質が検出されています。
参考にしてください。
http://savechild.net/archives/13021.html 武蔵野市)
http://savechild.net/archives/14469.html 文京区)
http://savechild.net/archives/14101.html 世田谷区)

(千代田区 給食の牛乳から17.9ベクレル
http://www.city.chiyoda.lg.jp/service/00134/d0013414.html
(宮城 給食の牛乳から25ベクレル 
http://ceron.jp/url/savechild.net/archives/10971.html


放射能の影響は、癌になるだけではありません。
不整脈くらいなら別にいいや!って思えますか?


●チェルノブイリ事故発生から25年間の健康被害まとめ
http://koujichin.blog.fc2.com/blog-entry-7.html
[2012/01/28 13:26] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(0)

牛乳と低線量被曝ついて考える 


【町田市の給食】明治乳業の牛乳から6ベクレルの放射能

http://savechild.net/archives/8851.html


a41a4c4ad3dee45e89efc2b54616bc62.jpg


『牛乳 宮城 ベクレル』などで検索すれば出てきますが
宮城の牛乳からは、けっこう放射能が検出されています。

しかし、他県の牛乳と混ぜて薄めているから大丈夫かなー?と思いきや、
混ぜてある明治の牛乳からも放射能が検出されました。

渋谷区の検査では20ベクレル以下は分からない検査方法なので

「不検出」

もちろん、渋谷区に配達される明治牛乳だけ安全ということはありませんよね。


千駄谷小学校 & なかよし園は、明治牛乳です。





またICRP(日本政府が基準値を決める時に参考にしている機関)によると
毎日1日10ベクレルの摂取を、100日間続けると
子ども(体重30kg)は心臓の不整脈がでる

と言っています。



Sc-graph.gif

ICRPのグラフ(このグラフは体重70kgの大人)では、
毎日10ベクレル/kgの摂取でも、
1年半後には体内に1400ベクレル蓄積するのが分かります。

放射性セシウムの一回摂取と長期摂取による体内残存量の経時推移 (ICRP PUBLICATION 111. Application of the Commission’s Recommendations to the Protection of People Living in Long-term Contaminated Areas after a Nuclear Accident or a Radiation Emergency)。


枝野大臣の言うとおり、1度や2度摂取してしまっても大丈夫そうですが
長期的に食べた場合はどんどん蓄積されていくことが分かります。

我が子の体内に、と考えると……


不検出や、10ベクレルという少ない数に誤魔化されず、
それが今分かっている時点で、どのような影響のある数値か考えてみましょう!


代表補佐・慶野
[2011/11/25 06:53] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(0)

放射能汚染を考える。 

その日のあとで~フクシマとチェルノブイリの今~(1)





チェルノブイリとの比較では、原子炉の構造などの違いとは別に
よく下記の2点の違いが述べられます。


日本では近所の山でキノコをとって食べるひとも少ないですし
幸いにも地産地消にそこまで偏ってはいないため、
汚染地域の食物のみを継続的に食べることはあまりないこと。

福島の放射能汚染はチェルノブイリを超えたこと東電も認めていますが
チェルノブイリのような爆発による広範囲への拡散というよりは、
福島の放射能汚染は、じわじわ漏れている感じということ。

(チェルノブイリでは爆発によって、
 キノコ雲の高さが9000メートルも上がり
 500キロ以上も離れた地点(最大750キロ)
 まで放射性物質が飛散したと言われています。)


しかし、
チェルノブイリでは0.4マイクロシーベルト/時で廃村ですが
渋谷区の検査では、0.26マイクロシーベルト/時の場所もありましたが
そのすぐ近くでは、多くの人が危機感もなく、普通に暮らしています。


いま政府が見直しを検討している食品の暫定基準値も
かなり高いまま、半年以上が過ぎました。


同じ事故ではないので、単純な比較は難しいですが

あまり大差は無いように、感じませんか?
どうでしょう。



小児甲状腺がんは普通、年間100万人に1~2人程度ですが
ベラルーシでは原発事故の4~5年後から急増し、
隣接するゴメリ州では 130倍。

また甲状腺がんの手術を受けた子どもの6人に1人が、
後に肺に転移しているらしいです。↓毎日新聞転載
http://mainichi.jp/select/science/news/20111124dde012040070000c.html
菅谷さんプロジェクトX http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk


チェルノブイリの悲劇を繰り返さないように
ひとりひとりが気を付けることは
けっして風評被害ではありません。

なんとなく、危ない or 危なくない、というのではなく


自己防衛しつつ、行政に適切な対応を求めつつ、出来ることを考え
勉強していくことが大事だと思います。




衝撃的な内容ですが、危険性を考えることも大事だと思うので
ぜひご覧下さい。↓

チェルノブイリ小児病棟_01 〜5年目の報告〜





代表補佐・慶野
[2011/11/25 06:14] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(0)

枝野大臣 国会答弁について 


枝野大臣の答弁は、みなさんご覧になりましたか?


『暫定基準値内のものでも、1年食べ続けたら
 【健康を損なう可能性がある】ことを認めました。』



半年を過ぎた今です。


『ただちに健康に影響はありません』
とは

『万が一、一度か二度、摂取したとしても、それは健康に影響を及ぼすものではないということ』
でした。




2011年11月08日 枝野大臣答弁 抜粋

「私は3月11日からの最初の二週間で39回、記者会見を行っておりますが、このうち、ただちに人体あるいは健康に影響がないということを申し上げたのは、全部で7回でございます。

えー、そのうちの5回は、これあの食べ物飲み物について、でございまして、あの一般的にですね、その現在の事故の状況が一般論としてただちに健康がないということを申し上げたのではなくて、

あの放射性物質が観測され検出された、最初たしか牛乳にあったかというふうに思いますが、それがですね、一年間、同じ当該規制値内の量を飲み続ければ、健康に影響をおよぼす可能性があるということで定められた基準値についてのことでございますので、

万が一、一度か二度、そういったものを体内摂取したとしても、それは健康に影響を及ぼすものではないということ、このことを繰り返し申し上げたものです。(抜粋)」

http://www.youtube.com/watch?v=ftG5epYmd2U&feature=player_embedded#!









**************************


さて、暫定基準値内の食べ物でも安全ではないとなると、
暫定基準値内だからという理由で、給食にこれらの食品が使われることは心配です。

給食を食べるのは、一度や二度ではありませんから。


しかし現在、渋谷区は、給食に使用されている食材を、全品検査はしていない状況です。



**************************


http://radioactivity.mext.go.jp/ja/monitoring_around_FukushimaNPP_MEXT_DOE_airborne_monitoring/ 


文部科学省(米国エネルギー省との共同を含む)による航空機モニタリング結果

に基づき、10K Bq/㎡ 以上の汚染がある地域を含む県は以下になります。

3.jpg


(秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県 新潟県 栃木県 
 茨城県 群馬県 長野県 埼玉県 東京都 千葉県 山梨県)



もちろん流通品も、全品検査は行われておりません。



『暫定基準値内でも安全ではない』

ということを、みなさん、どうお感じになりましたか?


ぜひ、これを念頭に、ご家庭でもお気をつけ下さい。


ぜひ『11月 24日(木)14時〜16時の お茶会』
話し合えたらと思います!


ぜひご参加下さいませ!


代表補佐・慶野
[2011/11/23 17:20] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。