スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

福祉保健委員会 傍聴内容 

みなさま、NPOセイピースプロジェクト隅田さん講演会
『低線量内部被曝から子どもを守るために』に来て下さり
ありがとうございました!

おかげさまで、60名を超す大盛況となりました!

他県からも(もちろん渋谷区からも)大勢の皆さまに足を運んで頂き、感謝しております!

後日、代表のほうから、講演会を振り返っての詳しい記事を書かせて頂きますが、

まずは、お礼を述べさせて下さい!ありがとうございました!
皆さまのおかげです!



babygirl.gif



本日(18日)の『福祉保健委員会』傍聴内容




本日、2011年10月18日から、渋谷区が、学校の測定を始めます!

それにあたり、測る場所について、重要な発表が!

今までと同じく校庭に加え、施設長から要望のあった場所も測るとのことでした。



つまり、校長先生や、園長先生などが
「ここ測って下さい!と保護者から要望がありました。」と言って下されば、
渋谷区の保健所職員が、測って下さるということです!


本日から順番に、年内に少なくとも1回以上、
すべての区立「幼稚園、保育園、こども園、小学校、中学校」を測るそうです。


私立のみなさんも、強いご要望があれば……と保健所も仰っていましたので、ぜひ保健所にお電話しましょう!

みなさん!

今日から、校長先生、園長先生、各施設長に「ここ測って!」とお願いしましょう!



校庭+2カ所くらいを測る予定のようです。

どこを測ってほしいかじっくりと考えて、明日には施設長に「気になっていた場所」をお願いしてみて下さい!



雨樋の下、側溝、通学路、お砂場の近くのしげみなど
1番子どもが長くいる教室内とか!
日頃怪しいと思っていた場所を、区に測って頂くチャンスです!





●今日から渋谷区が学校測定。
●校庭+施設長からの要望箇所(2カ所程度)測る。
●施設長(校長、園長)に測って欲しい場所を伝えましょう♪
●年内に少なくとも1回以上、すべての区立「幼稚園、保育園、こども園、小学校、中学校」を測る。
●私立も強い要望があれば……?




ご意見、コメントお待ちしています!

代表補佐・慶野



スポンサーサイト

[2011/10/18 21:45] この会の活動 | トラックバック:(-) | CM(0)

放射能を知ろう!オススメ情報 

都内にもホットスポットが! ストロンチウムも!


cup.gif東京・北区 比較的高い放射線量

小学校の敷地内にある倉庫と塀の間の地表付近から 
1.01マイクロシーベルト/毎時

(ちなみに、0.23マイクロシーベルト/毎時で、年間1ミリシーベルトを超えちゃうと区は言っています。)
(法律にもある年1ミリの、4倍以上もの放射線量でも『比較的』?なのでしょうか。)

区では、すでに倉庫の周辺で子どもが遊ばないないようテープで囲っていますが、
放射線量を下げるため除染をすることにしています。


【NHK】 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111013/k10013242451000.html






cup.gif首都圏で初のストロンチウム検出!245キロも離れた横浜に飛来!


【産経】http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/dst11101212100009-n1.htm

【savechild】http://savechild.net/archives/10119.html

sr90.jpg


横浜市鶴見区同位体研究所による港北区マンション屋上堆積物の検査結果で
ストロンチウム90(Sr-90)が1キロあたり195ベクレル検出されたそうです。
同サンプルのセシウムの結果は1キロあたり63,434ベクレルとのことです。










Video streaming by Ustream

港北区マンション屋上堆積物は某大学の准教授(工学系)が採取して検査機関に出したものだそうです。
↑動画の36:00くらいからご覧ください。




2011年10月11日(水)、テレビ朝日「報道ステーション」






cup.gifストロンチウムとは

【olive】http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?n=114936

以下抜粋。


ストロンチウムは脳にも入り込み、神経にダメージを与えるため、
脳の発達に支障をきたすようになる。
低体重児の出生率と人体中のストロンチウム90の濃度は大きな相関関係がある。
また、妊娠の何年も前から蓄積されたストロンチウム90により、
流産の危険性が高まる。

放射性ストロンチウムは、環境への移行性が大きく、
その生態系への影響が徐々に増加する性質を有している。
ストロンチウムは、カルシウムと似た挙動を体内で示し、
骨に沈着し、対外に排出されることなく、長期間ベータ線を出し続ける。

ストロンチウム90は、骨髄で作られる白血球の正常な機能を阻害するため、
ガンや免疫低下、免疫低下に起因する感染症、肺炎などを引き起こす。
動物実験では、わずか0.01ミリシーベルトであっても、
高度な骨髄細胞への障害が報告されている。





みなさんはどう思われますか? 

渋谷区のアドバイザーでもある
杉浦紳之さん(放射線医学総合研究所 緊急被ばく医療研究センター長)は
「首都圏まで来ているのはセシウムだけ。それはもう間違いないです。」
ストロンチウムは飛んできていないと言っていました。




飛んできてましたけど。



渋谷区の議会を傍聴しに来て下さったかたにはご存じだと思いますが

そんな杉浦さんを含む検討委員会の言うことを鵜呑みにし、渋谷区は
「当区に、ホットスポットはない」と断言しています。


他区にはあったのに?


私は、すごく心配です。

区民からの通報で数日後には計りにきてくれる世田谷区のように
渋谷区も、区民の意見に耳を傾けてくれたらなぁと思います。





代表補佐・慶野
[2011/10/13 00:10] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(1)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。