スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

牛乳と低線量被曝ついて考える 


【町田市の給食】明治乳業の牛乳から6ベクレルの放射能

http://savechild.net/archives/8851.html


a41a4c4ad3dee45e89efc2b54616bc62.jpg


『牛乳 宮城 ベクレル』などで検索すれば出てきますが
宮城の牛乳からは、けっこう放射能が検出されています。

しかし、他県の牛乳と混ぜて薄めているから大丈夫かなー?と思いきや、
混ぜてある明治の牛乳からも放射能が検出されました。

渋谷区の検査では20ベクレル以下は分からない検査方法なので

「不検出」

もちろん、渋谷区に配達される明治牛乳だけ安全ということはありませんよね。


千駄谷小学校 & なかよし園は、明治牛乳です。





またICRP(日本政府が基準値を決める時に参考にしている機関)によると
毎日1日10ベクレルの摂取を、100日間続けると
子ども(体重30kg)は心臓の不整脈がでる

と言っています。



Sc-graph.gif

ICRPのグラフ(このグラフは体重70kgの大人)では、
毎日10ベクレル/kgの摂取でも、
1年半後には体内に1400ベクレル蓄積するのが分かります。

放射性セシウムの一回摂取と長期摂取による体内残存量の経時推移 (ICRP PUBLICATION 111. Application of the Commission’s Recommendations to the Protection of People Living in Long-term Contaminated Areas after a Nuclear Accident or a Radiation Emergency)。


枝野大臣の言うとおり、1度や2度摂取してしまっても大丈夫そうですが
長期的に食べた場合はどんどん蓄積されていくことが分かります。

我が子の体内に、と考えると……


不検出や、10ベクレルという少ない数に誤魔化されず、
それが今分かっている時点で、どのような影響のある数値か考えてみましょう!


代表補佐・慶野
[2011/11/25 06:53] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。