スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

あいさつ【2】 

皆さん、『渋谷区 子どもたちを放射線から守る会』にご参加頂き、
ありがとうございます。 代表補佐の慶野です。

さて、私は今回のことがあるまで
放射能にも原発にも詳しくない、普通の主婦でしたが
いろいろと調べているうちに、分かりやすい本やサイトのおかげで、
少しずつ放射能について学ぶことができました。

その中で、私が感じていることを少し書こうと思います。
(といいつつ長くて、すいません!)


お時間あれば、読んで下さると嬉しいです。


●被曝には、外部被曝と内部被曝というものがあります。
外部被曝は外から受ける被曝(空間線量)
内部被曝は中から受ける被曝(食べ物や水、呼吸などから体の中に入ってしまった放射性物質からの被曝)
というような感じです。


渋谷区は、小学校などの空間線量を計り、ホームページでお知らせしています。
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/anzen/tohoku_taiheiyo/radiation2.html

外部被曝については、とりあえず、近くの小学校の数値を参考にしてみるか、
ガイガーカウンターを区か当会で借りてみて、ぜひ計ってみて下さい。
自分の住んでいる場所、よく行く場所の数値が分かっていると
安心して、自分で考えることができますよね。


内部被曝については、汚染されている可能性の低い食べ物を食べることと、
マスクをすることで、だいぶ防げることも分かってきています。


また、被曝してしまったかも……と思っても、あまり思い詰めずに、
その日からちょっと気を付けるとか、排出を促す食べ物を選ぶだとか
ちょっとでも保養に、西日本や、北海道、海外などに出かけると
いいと思います。
ひとりで落ち込んだり、自分を責めたりせずに、一緒に考えていきましょう!



●楽しく、無理なく、精一杯、子どものために日々の被曝対策、頑張りましょう♪



代表補佐・慶野
[2011/07/17 15:07] ごあいさつ | トラックバック:(-) | コメント:(-)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。