スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

これからのために 

こんにちは。

子どもたちを放射線による被曝から少しでもリスクを減らしたいと思い、
主に渋谷区への働きかけに重点をおいてきましたが、
最近は、当会への登録者も増えていて、
日常でどんなことに気を付けているか等を
個々にやりとりさせて頂いていることもあり、

そろそろまた、講演会を開いて、
みんなでお勉強出来たら良いかな、と考えています。

講演会開催にあたり、アンケートとらせて下さい。
どなたをお呼びしたいですか?


ご意見寄せていただけると、大変参考になります。
私が今考えているのは、
早川由紀夫先生、田中優さん、菅谷昭松本市長、などです。

お忙しい中恐縮ですが、どうぞよろしくお願いします。




☆私が日頃心掛けてよく食べるようにしているのは、
発酵食品(味噌や流行りの塩麹、アンチョビやぬか漬けなど)、
ペクチン(リンゴ、柑橘類、パプリカやグミにも)などです。
ビタミン、ミネラルをどんどん入れて、排出がんばりましょう〜!



代表・北村祥子



********************************************


【ペクチンを多く含む食品】
ビーツ、にんじん、パプリカ、ナス、かぼちゃ、りんご、レモン、
みかん、桃、ドライフルーツ、ブルーベリー、いちご、ペクチンで固めたグミ
(ハリボのグミとか。ベラルーシでもペクチンの入ったグミが広く食べられていました。)


【酵素を含む食品】
生の野菜・果物、味噌や納豆など発酵食品、はちみつ。
特にアルファルファやかいわれ菜などスプラウト類、
芽吹いたばかりの植物は生命力そのものなので酵素を豊富に含む。
ただし酵素は加熱で失われる。


ツイッター @kuminchuuさんより。



私もこれに加え、バナナ、昆布、梅なんかを食べるようにしています。


逆に、キノコは食べないようにしています。栄養素的にもあまり問題ないし。
気になる物は測定結果を参考に選ぶといいと思います。
汚染が不安な食材を食べるときは茹でこぼして、茹でたお水は捨てるとか。

あとは、早寝早起きなど、規則正しい生活で、免疫力UPを日頃から心がけましょう!



オススメの動画をご紹介します。

早川由紀夫先生の「小学校4年生にも分かる放射能の話」



書きおこしはこちら。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1450.html

分かりやすい資料(PDF)はこちら。
http://t.co/9FaFRTSm

ぜひ、大人のかたも。必見です。




オススメの本もご紹介します。

武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる
AA300.jpg


日々の暮らしや、調理の中でできる放射能対策を
漫画などでかわいく、分かりやすく書いてあります。



代表補佐・慶野
[2012/02/12 02:55] 放射能を知ろう! | トラックバック:(-) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/02/17 10:59] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。